1. トップページ
  2. 求人情報
  3. 先輩社員インタビュー

「ヤル気があれば会社ごとサポートしてくれる」

末次 孝太郎
ソフトウェア開発・ハード設計
2002年入社

末次孝太郎。社内でも、「人一倍勉強熱心なヤツ」と評判です。「恐れを知らぬチャレンジャーだ」とも。

理学部卒。機械のことも電気のことも、ほとんど知らないでこの会社に飛び込んできました。
「この会社では、積極的にアプローチすれば、どんどん仕事をさせてもらえるという予感があったんです」。みごと予感は的中しました。
しかし、最初のころは回路の構造のことも、コンピューター言語のことも、まったく分からなかった末次。最初は、製造を手伝いながらハードの構造を徐々に覚えていく日々でした。

「仕事が終わったあとや休日に出社して、不要になった部品をバラしてみたり、専門書を読み解いてみたり」したといいます。完全フレックス制のため、休日でも気ままなエンジニアがだれかいる。末次は、そうした先輩をつかまえては分からないことを聞いたといいます。
その結果、いまではハードの回路設計からC言語を駆使したソフトウェア開発まで、幅広い業務をこなせるようになっています。

「『これがやりたい!』という気持ちをもって行動すれば、知識や技術は熱心にサポートしてくれる先輩がたくさんいる会社です。会長や社長からしてそう。ズバズバ遠慮なしにモノがいえる環境」と会社のことを評します。

好奇心と興味。まずはそれだけ用意すればエンジニアとして進めるはずだとも。
「逆にいえば、そうしたものがなければエンジニアとしてはやっていけないんじゃないかな」。

すでに、一人前の技術者としての自信もかいま見えています。