1. トップページ
  2. 求人情報
  3. 先輩社員インタビュー

「なにかしたい人には、なんでもできる職場だと思う」

出口 周
カスタマーサポート担当
2001年5月入社

前職は、機械メーカーの営業職だったという出口。経験をいかして、同じような業種へ転職したといえばいえます。
「営業とはいえ、仕様の決まった製品の受発注をこなすのが、前の会社でのメイン業務。デリバリーも納入業者まかせでしたから、正直ラクだったけど、もっと仕事に手応えがほしかった」。そう思っての転職でした。

アイ・エス・エックスに移って数年。仕事内容は、そして自身はどう変わったのでしょうか。
「望んだことはなんでもできる。それがこの会社の特長です」。現在の出口も、見積もり、打ち合わせという営業の仕事以外に、技術的サポートまでこなしています。
「現場回りをやっていると、ユーザーから技術的な相談も持ちかけられます。いちいち社に戻って、エンジニアに問い合わせをしているよりは、自分でできることは解決していく。そのほうが、営業としての信頼度も増す。仕事のムダもなくなりますよね。いまでは、簡単な保守だったら自分でこなすこともあります」。

前職の仕事内容がドライで味気ないものだったため、ユーザーとのやりとりや、自分が売っている製品との関わりが多いいまの仕事は、日々のモチベーションも高いといいます。
「この会社で、いろんなことに取り組むうちに気づいたんです」と出口はいいます。「最初は『そんなことできるやろか?』と心配になる。でも、やってみたら意外にそうでもないと気づくことが多いんです」

『やってみたらエエねん』。これがアイ・エス・エックスの社風です。
「営業から技術まで。一通り何でもこなせるスーパー社員になりたいですね」。出口は今後の抱負をそう語ります。

「やってみたいこと。チャレンジし続けたい人には最高の職場ですよ」。
この数年で得た、出口から続く人へのメッセージです。